窓からの転落防止対策、皆の方法を3つに分類してみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

窓からの転落防止対策

窓からの転落を防ぐ方法、皆は実際どうしてるの??

大昔とは違い2階建て3階建ての一戸建てや高層階のマンションんでの生活は当たり前になりました。
特に若年層で都会での生活をする場合、マンションなどの高層階での生活が多くなりますよね。
そしてこの年代には小さなお子さんをお持ちの方が多いと思います。
窓からの転落、落下は、このような生活に常に潜んでいるとても大きな危険です。

窓から子どもが落ちそうになったり、その危機感を感じて一度や二度はヒヤっとしたことがあるのではないでしょうか。
ネットでも窓からの転落防止や落下防止の方法を求めて検索している方がたくさんいるようですし、転落防止グッズも様々なものが販売されています。
そこで窓からの転落を防ぐために皆さんがどのような対策をとっているのかを調べてみました。

窓からの転落を防ぐ3つの方法

さて、実際に調べていくと、大きく分けて3つの方法で窓からの転落を防ごうとしているようです。

その3つの方法とは、

  • そもそも窓を開けない
  • 家具の配置などで防ぐ
  • 転落防止グッズを使う

それでは次項で一つずつ詳しく見て行ってみましょう。

窓からの転落防止対策その1

窓を開けない

窓を開けない、、、だと?笑
はい、皆さんが言いたいことはよくわかりますよー。
「それ別に対策じゃなくない?」ってことですよね。えぇ、よくわかります(笑)
ただそれでもあえてここに書かせていただいたのは、実際に怖くて窓を開けられない方がとても多いからです。

管理人からしてみれば、「窓なんて開けなければ壁と同じじゃない」と思うのですが、それでも開けられないで生活する人は多いようです。
窓を開けなければそこから子どもが転落することはありませんが、窓を開けられない空間で生活なんてゾッとしちゃいます。
まぁでもこの対策、最も費用が掛かりませんし、冷暖房代の節約にもなります(笑)が、窓を開けられるような年齢の子どもには無意味になってしまいます。
閉め切った空間が嫌あぁぁぁ!!って方にも抵抗のある方法ですね。
やっぱり換気は必要ですし、窓を開けて生活する解放感も大事ですよね。

窓からの転落防止対策その2

家具の配置を工夫して転落を防ぐ

少し高い位置にある窓だから大丈夫だよなーなんて思って油断していると、急に子どもが窓枠に手をかけていて驚かされることがあります。
「あー育ってるなー」なんて嬉しくも思うのですが、よじ登りの技を覚えるとこれがとても危険になりますよね。
窓に近づくのを簡単にしてしまうような場所にソファやベッドがあるともっと危険に。
彼らは気づかないうちに家具を登頂して窓に近づいてしまいます。
だから登れそうな家具は窓から遠ざけるのが鉄則。
逆にもともと近づくのが簡単な窓には、棚などの大きくて重い障害物を置いて、子どもを近寄らせないように工夫して凌いでいる方もいるようです。

これらの方法の弱点は、お部屋のレイアウトがちょっとアレになってしまうことですね。自由が利かなくなります。
窓を塞ぐ場合には景観も悪くなってしまいます。

窓からの転落防止対策その3

転落防止グッズを使う

窓からの転落を防ぐいわゆる転落防止グッズはいろいろなタイプが販売されています。

例えば、

  • 人が落ちる広さまで窓が開かないように固定する窓の開閉のストッパーとなるタイプ。
  • 窓の手前に柵やネット・手摺などを作り、窓に近づけないようにするタイプ。
  • 窓の構造を利用して、窓そのものに柵をはめ込むタイプ。
  • 窓の外側に柵やネットを張って転落を防ぐタイプ

良いグッズに出会えれば先の2つの対策よりも快適に毎日を過ごすことができるようになりますが、前の二つの対策と比べて、この方法の短所は大なり小なりの費用が掛かることです。

どのタイプにも一長一短(強度や使い勝手、費用など)がありますので、選ぶときには良く検討することが大切ですね。
例えばストッパータイプには比較的安価なものが多いですが、窓を少ししか開けられなくなるなどの弊害があります。
逆に窓を全開できるものは強度の高さに比例して価格が高くなっていくような感じです。

何を大事にするかでどの対策を選ぶかが決まる

そもそも子どもの安全が大事なのは(多分)誰でも同じだと思うので、それ以外に何を大事にするかで選ぶ対策も変わってくると思います。

お金をかけたくない+閉塞感が気にならない

→ 窓を開けない生活で良いんじゃないでしょうか(;’∀’)

お金をかけたくない+部屋の美観やレイアウトなど気にしない

→ 家具の配置を工夫しましょう♪

お金をかけてもいい+窓くらい自由に開け閉めしたい

→ 費用と自由度を天秤にかけて転落防止グッズを選びましょう (*‘∀‘)

 

と、何を大事にするかによって概ねこんな感じの選択肢になりますね。

 

さて、窓からの転落防止について皆さんがどのような対策を打っているのがをまとめてみました。
当たり前といえば当たり前のことが多いですよね。
窓を開けない生活は特に補足することもありませんし(^-^;、家具の配置の工夫は各家庭の家具の種類や窓の配置によって異なるので、こちらもケースバイケース(;’∀’)
窓からの転落防止グッズについては様々な種類がありますし、値段もピンキリですので今後補足していきたいと思っています。

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA